<< 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題5 | main | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題7 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題6

 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題6
 

 

【問6】 両当事者が損害の賠償につき特段の合意をしていない場合において、債務の不履行によって生じる損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

【1】債権者は、債務の不履行によって通常生ずべき損害のうち、契約締結当時、両当事者がその損害発生を予見していたものに限り、賠償請求できる。


【2】債権者は、特別の事情によって生じた損害のうち、契約締結当時、両当事者がその事情を予見していたものに限り、賠償請求できる。


【3】債務者の責めに帰すべき債務の履行不能によって生ずる損害賠償請求権の消滅時効は、本来の債務の履行を請求し得る時からその進行を開始する。


【4】債務の不履行に関して債権者に過失があったときでも、債務者から過失相殺する旨の主張がなければ、裁判所は、損害賠償の責任及びその額を定めるに当たり、債権者の過失を考慮することはできない。

資格、インターネットのお話しが多いブログです・・・
もみじのブログ 〜 http://momiji55.ti-da.net/

 
 

 

【正解】3


スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • 10:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
広告
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM