<< 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題1 | main | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題3 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題2

 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題2

 


【問2】 AがA所有の甲土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。

【1】Aが死亡した後であっても、BがAの死亡を知らず、かつ、知らないことにつき過失がない場合には、BはAの代理人として有効に甲土地を売却することができる。


【2】Bが死亡しても、Bの相続人はAの代理人として有効に甲土地を売却することができる。


【3】18歳であるBがAの代理人として甲土地をCに売却した後で、Bが18歳であることをCが知った場合には、CはBが未成年者であることを理由に売買契約を取り消すことができる。


【4】Bが売主Aの代理人であると同時に買主Dの代理人としてAD間で売買契約を締結しても、あらかじめ、A及びDの承諾を受けていれば、この売買契約は有効である。

資格、インターネットのお話しが多いブログです・・・
いろいろブログ 〜 http://blog.goo.ne.jp/hastune

 

 

 

【正解】4


スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • 10:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
広告
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM