<< 宅地建物取引主任者資格試験 平成23年/過去問題50 | main | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題2 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題1

 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年(2010)/過去問題1

 


【問1】 制限行為能力者に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
【1】土地を売却すると、土地の管理義務を免れることになるので、婚姻していない未成年者が土地を売却するに当たっては、その法定代理人の同意は必要ない。


【2】成年後見人が、成年被後見人に代わって、成年被後見人が居住している建物を売却するためには 家庭裁判所の許可が必要である。


【3)被保佐人については、不動産を売却する場合だけではなく、日用品を購入する場合も、保佐人の同意が必要である。


【4】被補助人が法律行為を行うためには、常に補助人の同意が必要である。

資格、インターネットのお話しが多いブログです・・・
toyotama日記 〜 http://toyotama.fruitblog.net/

 

 


【正解】2


スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • 13:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
広告
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM