<< 宅地建物取引主任者資格試験 平成23年/過去問題33 | main | 宅地建物取引主任者資格試験 平成23年/過去問題49 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


宅地建物取引主任者資格試験 平成23年/過去問題34

 宅地建物取引主任者資格試験 平成23年/過去問題34

【問34】 宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において、「35条書面」とは、同法第35条の規定に基づく重要事項を記載した書面を、「37条書面」とは、同法第37条の規定に基づく契約の内容を記載した書面をいうものとする。
【1】宅地建物取引業者は、抵当権に基づく差押えの登記がされている建物の貸借の媒介をするにあたり、貸主から当該登記について告げられなかった場合でも、35条書面及び37条書面に当該登記について記載しなければならない。


【2】宅地建物取引業者は、37条書面の作成を取引主任者でない従業者に行わせることができる。


【3】宅地建物取引業者は、その媒介により建物の貸借の契約が成立した場合、天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときには、その内容を37条書面に記載しなければならない。


【4】37条書面に記名押印する取引主任者は、35条書面に記名押印した取引主任者と必ずしも同じ者である必要はない。

資格、インターネットのお話しが多いブログです・・・
takaoのピアノ 〜 http://takao.paslog.jp/

 

 


【正解】1


スポンサーサイト

  • 2012.10.23 Tuesday
  • -
  • 13:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
広告
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM